交通事故・保険

adobestock_107233614_preview

交通事故治療について

当院では、むち打ち治療から肩・首、腰・膝の痛みまで全ての施術を行っております。 むち打ち治療については、どんな些細な事でも結構ですので、ご相談ください。

全ての患者様にケガ、痛みの状況、その後の経過などを詳しく確認させて頂いた上で、マッサージ、整体、鍼灸、 運動療法などお一人お一人の症状にあわせた施術を行なっていきます。 特にムチウチのしつこい痛みや可動域制限などにはアクティベーターを使った調整がお勧めです。 また、姿勢・動作分析、運動療法スペースもございますのでより高度なリハビリが可能です。

どんな症状でも必ず原因はあり、身体のバランスが崩れた時にどこかしらの負担がかかってしまう事が大抵の痛みの原因となります。 その原因となる患部を見つけ、適切な施術を行う事が回復への最短ルートになると考えております。

保険は各種保険取り扱いしておりますので、お気軽にご相談ください。
交通事故の中で最も多いと言われている後遺症の一つとしてあげられるむち打ち症(頸椎捻挫)ですが、 受傷直後はあまり症状がでないことが多いので、病院でレントゲンをとっても異常なしと言われるのがほとんどです。 そこで、「この程度なら大丈夫だろう」と思い施術を受けず後に後遺症に悩まされ後悔される患者様を沢山みております。

むち打ちの症状は人によって様々で、
■肩こり
■頭痛
■吐き気
■可動域制限(動きづらさ)
■手の震え
■手足のしびれ
■感覚異常
■集中力低下
■ふらつき感
等があります。

交通事故後や、階段から落下した後など、身体に大きな衝撃を受けた後に少しでも上記のような症状に思い当たる節があれば、 「この程度なら大丈夫」と思わず一度お電話でご相談ください。 当院は、全ての人が希望を持って健やかな人生を送れるよう患者様自身の意識を高め、 共に完治を目指す為に全身全霊でサポート致します。

また、整形外科や交通事故専門の弁護士とも提携しておりますので、もし、事故に遭ってしまい、どうしたらいいか分からない、 なかなか症状が 改善しないので転院したいなど、どんな些細な事でも構いませんので、まずはお気軽にご相談ください。

交通事故治療
要相談 要相談

選ばれる理由「9つ」

reason01

1.自賠責保険適応 施術費用0円

過失割合が加害者側より少ない場合基本的には自己負担はありません。 まれに、例外もありますのでご相談ください。

reason02

2.年中無休 月~土は22時まで対応

時間外希望の場合はご相談ください。なるべくご対応できるよう努力いたします。

map

3.駅徒歩2分

当院は各線恵比寿駅からスグ。
JR山手線・埼京線【恵比寿駅】西口 徒歩2分
東京メトロ日比谷線【恵比寿駅】5番出口
徒歩1分 東急東横線 【代官山駅】徒歩 6分
お仕事帰りの方も通いやすい好立地です♪

reason04

4.予約優先制なのでお待たせ時間がほとんどない

予約優先制なので、お待たせ時間が少なくて済みます。

young japanese woman receives chiropractic

5.整形外科・リハビリ科 出身の先生が多数在籍

むちうち治療の実績があり、痛みを改善するだけでなくリハビリも合わせて行い日常生活に復帰できるよう努めております。もちろん国家資格免許を持っております。
プロ野球選手や著名人などの信頼も高く安心して施術が受けられます。

attractive asian woman in hospital

6.患者様に合わせたベストな施術を提案

患者様の体の状態を見極め状態に応じて整体やカイロ、鍼灸、運動療法などベストな施術を心掛けております。

看護婦

7.近隣の整形外科と提携

整形外科と連絡を取り合い当院と整形外科の両方通院することができます。 また他院からの転院も可能です。

reason08

8.面倒な保険会社とのやり取りをサポート

当院は交通事故専門院なので豊富な経験を生かし保険会社との面倒で難しいやり取りをサポート致します。

談笑中のビジネスマン

9.交通事故専門の弁護士、司法書士、事務所と提携

示談交渉、後遺障害認定、慰謝料のことなど専門家に相談することができます。

交通事故にあわれて治療院を探されている方。 現在、交通事故の治療中だが満足した治療を受けられていない方。 当院におまかせください。症状に合わせた治療で、症状を改善し、後遺症の無い完全回復を目指しましょう!

交通事故にあったら?

1.当院まで連絡もしくはお越しください。

 今後の対応の手順などをご説明いたしますのでご安心ください。

2.保険会社へ連絡

保険会社に当院にて施術を受ける旨を連絡します。(治療・施術を受ける医療機関の選択権は患者さんの自由です)

3.症状の確認

当院で現在の怪我の症状など詳しく診察します。

4.施術開始

診断結果の症状に合った施術を選び、患者さんに負担がかからないよう施術を致します。主に手技療法を中心に物理療法などを行います。

5.症状の改善

痛みや症状が日常生活を行うのに支障が無くなったのを確認後、施術を終了致します。

6.示談内容書

保険会社に完治の報告と示談内容が届きます。

交通事故 治療方法

当院は、『結果にこだわる!』を軸に日々施術を行っております。 また、交通事故取り扱い指定院であり交通事故治療に力を入れております。 交通事故の場合、最初の自覚症状が軽くても、のちに重篤な症状や慢性的につらい症状に変化するケースが多々あります。 その為、電気のみの治療、数分程度の治療、シップなど消炎鎮痛のみの治療では不十分であり症状は改善しません。 当院では患者さんの痛みや苦痛をなるべく早く取り除くため下記のステップでサポートしております。

①ヒアリング
事故の状況やお身体の症状を詳しく伺います。
②チェック
当院オリジナルの評価システムでお身体の状態をチェックします。
③施術
マッサージや整体、筋膜リリース、オステオパシー、物理療法などお体に合わせてご提案。
④リハビリ
早めの症状緩和を目指し人工芝のコンディショニングルームでリハビリや運動療法を行います。
⑤説明
施術後のお身体の状態と、今後の施術方針をご説明します。

交通事故の症状別

むち打ち症
むち打ちとは、交通事故などの衝撃で頭部が激しく動き、頚部などに障害が発生することをいいます。 首や腰の筋肉・靭帯の炎症にとどまるものから、交感神経や神経根に障害が及ぶもの、脊椎本体に障害が及ぶものまで、 様々な症状があります。

【主な自覚症状】
頭痛・めまい・吐き気・耳鳴り・首や腰の痛み・コリ・ハリ・手足の痺れふるえ・脱力感・ 胃腸等消化器系統の機能低下・ 食欲不振・不眠・開口障害

外傷
交通事故による外傷とは、捻挫・打撲・脱臼・骨折などを患います。

【主な自覚症状】
手足の運動障害・関節を動かすと痛い・痺れ等。

上記で心当たりがあれば、以下のような可能性が!
【筋肉の損傷】【靭帯の損傷】【椎間板の損傷】【神経の圧迫、損傷】【血管の損傷】 【骨の損傷】【脊髄の損傷】【炎症】

すぐにお問い合わせくださいませ!上記症状の他にも、気になる点等ございましたら、お気軽にご相談ください。

交通事故の補償

治療費
応急手当費診察料、入院料投薬料、手術料、処置料等通院費、転院費、入院費etc
※接骨院・鍼灸院での治療もここに含まれます。

休業損害費
自賠責保険基準では原則として1日5,700円が支払われます。
また、日額5,700円を超える収入があることを証明できる場合には、19,000円を上限に下記計算式による実費が支払われます。

1.給与所得者
過去3カ月間の1日当たりの平均給与額が基礎となります。
事故前3カ月の収入(基本給+付加給与(諸手当))÷90日×認定休業日数(会社の総務課が作成したもの、担当者名、代表社印)

2.パート・アルバイト・日雇い労働者
日給×事故前3カ月間の就労日数÷90日×認定休業日数(アルバイト先等の証明を要します。)

3.事業所得者
事故前年の所得税確定申告所得を基準に、1日当たりの平均収入を算出します。

4.家事従事者
家事ができない場合は収入の減少があったものと見なし、1日当たり5,700円を限度として支給されます。

慰謝料
慰謝料とは、事故によって被害者が受けた精神的な苦痛に対して支払われる賠償金の事で、1日4,200円が支払われます。 慰謝料の対象になる日数は、「治療期間」と「実治療日数」によって決定されます。

治療期間・・・治療開始日から治療終了日までの日数
実治療日数・・・実際に治療を行った日数

「実治療日数」×2 と「治療期間」で少ない方の数字に4,200円をかければ慰謝料が算定されます。 (上記、「実治療日数」×2とありますが、実治療日数の2倍の慰謝料が算定されるのは、 整形外科に通院した場合と接骨院に通院した場合のみです。鍼灸院や整体院では、実治療日数のみしか算定されません。 慰謝料の面から見ても、整骨院にかかる事をお勧めします。) 妊婦が胎児を死産又は流産した場合は、上記のほかに慰謝料が認められます。

自賠責保険とは

自動車損害賠償責任保険(自賠責保険)とは
公道を走るすべての自動車やバイク(原付含む)に加入が義務づけられており、一般に「強制保険」と呼ばれています。 交通事故の被害者が、泣き寝入りすることなく最低限の補償を受けられるよう、被害者救済を目的に国が始めた保険制度です。

被害者の保護を目的としているので、本来は保険の契約者である加害者が保険金の請求を行うのですが、被害者も自賠責保険に対して請求できます。 被害者が請求を行う場合は保険金の請求ではなく損害賠償の請求と呼ばれますが、被害者にとっては同じ金額が補償されます。